マンションにかかる諸経費

資金計画を立てる事は、マンションを購入する上で絶対には欠かす事は出来ません。
しかし新築・中古にもよりますが建物や土地代だけではなく、意外と他の諸経費もかかってしまいます。
ざっと挙げてみると売買契約の印紙税、登録免許税、登記手数料。
登記はそのマンションと土地は、間違いなくその人の物である事を証明するものです。
手続きに関しては少々難しい所があるので司法書士等の専門家に託すのが一般的ですが、依頼する時もお金が必要となるので注意して下さい。
他には不動産取得税がありますが、これは軽減措置を取る事によって幾分抑える事は出来ます。
更に不動産会社を通しての購入であれば、仲介手数料も必要となります。
またローンの手続きを取る際にも費用がかかります。
住宅ローン契約時の印紙税、融資手数料。
保証人代わりとなる保証料があります。
今の時代何が起こるのか分からないので火災保険料、地震保険料、団体信用保険料も入っておきたい所です。
その他にも固定資産税、都市計画税、修繕積立費。
購入後も現在住んでいる所から引っ越す事になるので、引っ越し代や家具調度品類代。
電話移設費に水道加入料。
車を利用しているのであれば駐車代も視野に入れておきましょう。
これら全て合わせるとマンションの規模にもよりますが、少なく見積もっても100万円以上はかかります。
また頭金の事も視野に入れておかなければいけません。
一般的には価格の2割程と言われていますが、後のローンの返済を考えるともう少し多めに行きたい所です。
頭金もそうですが、税金や手数料等に関しては基本現金での受け渡しとなります。
ただ最近では住宅ローンの中に諸経費が含まれるものも出て来ているので、一度問い合わせてみては如何でしょうか?
諸経費について簡単に書きましたが細かい所までとなると、限りがありません。
しかしどの経費に関しても、絶対に避けて通る事は出来ません。
ある程度余裕を持って、資金計画を立てて頂ければと思います。

お役立ち情報

Copyright (C)2017良い住まい選び マンション購入一からガイド.All rights reserved.