住宅ローンについて

何千万円、物件によっては何億という大金が必要になりますが、耳を揃えて1度に出せる人はほんの一握りしかいません。
バブルの頃であれば話は変わるかもしれませんが、今は時代が違います。
マンションの支払いには一般的に住宅ローンを利用します。
長期に渡る付き合いになるので、その性質をしっかりと理解しておきましょう。
住宅ローンは主に銀行等の民間の金融機関で受け付けているものと、フラット35と呼ばれる物があります。
銀行の場合は時折行われているキャンペーンを上手く利用すれば金利が安くなる事もあり、結果支払い総額を幾分抑える事が出来ます。
しかし問題はキャンペーン終了後です。
固定期間を選ぶ際には金利が当初よりも高くなる場合もあるので、ある程度余裕を見て計画を立てなければいけません。
しかしローンには団体信用保険料等が含まれている事もあるので、ある程度効率よく返済する事が出来ます。
他にも手数料が無料になる等といったサービスがありますが、詳しい内容についてはネットで調べる事が出来ます。
もし気になる所があれば、一度サイトを覗いてみては如何でしょうか。
そしてもう1つの住宅ローン・フラット35は民間と公的機関が提携して行われています。
保証料・繰り上げ返済手数料が無料となっていますが、団体信用保険料は含まれていないので別に支払わなければいけません。
フラット35では金利が固定されている固定金利となっており、予め返済総額が分かっているので資金計画が立てやすくなっています。
民間の金融期間でも固定金利を設けている所もありますが、他にもその時の経済状況によって金利が変わる変動金利があります。
上手く行けば固定金利よりも支払い総額を安く抑える事が出来ますが、金利が上がればその分の返済総額も増えて行く可能性がある事も視野に入れておかなければいけません。
尚金利がどれ位になるのかはフラット35も銀行の場合でも申し込み時点の金利ではなく、マンション引き渡し時の時点となるので注意して下さい。

Copyright (C)2017良い住まい選び マンション購入一からガイド.All rights reserved.