モデルルームの見学

建築中の新築マンションの外見はどういう雰囲気になって、部屋はどういう構造になっているのでしょうか?
これらは完成前にモデルルームの見学を通して、知る事が出来ます。
不動会社にもよりますが大まかな流れとしては、まずは会場にて受付後にアンケートの後、マンションに関する模型やビデオ等使った説明を聞き、モデルルームの見学となります。
実施場所ですが現地より少し離れた所で行われる事が多く、場合によってはかけ離れた場所になる事もあります。
また見学の際には予約する必要はありませんが、週末や休日にはかなり混雑するので予約を入れておいた方が良いでしょう。
さて肝心のモデルルームですが、綺麗に彩られた内装にお洒落な家具。
ウォークインクローゼットや浴室乾燥機等の設備に、目を奪われる事だと思います。
しかしこれらをよく見ると、何故かシール等の印が貼られている事があります。
これらはオプションと呼ばれる物で、希望すれば設置してくれますがその分費用も莫大にかかってしまいます。
また1日に何件もモデルルームの見学ともなると、何が標準で何がオプションか分からなくなってしまいかねません。
その為にも資料を貰う等をしてしっかりと把握しておきましょう。
その時にもし購入について話が進めば、営業の方から「仮止め」を勧められる事があります。
今1つ購入には踏み切れないが、抑えておきたい物件であればやっておいた方が良いでしょう。
その際に申込金が必要となりますが、後で取り消しも出来れば預けていたお金も戻ってくるので心配する事はありません。
また折角の機会なので、この際に営業の人と仲良くなっておくのも手です。
言い方が悪いかもしれませんが、彼らも人の子です。
気心の許した相手であれば、もしかすると凄い情報が手に入るかもしれません。
モデルルームだけを見て全て判断するのはお勧めできませんが、マンションを選ぶ際には充分に参考になるので、時間があれば参加してみては如何でしょうか。

Copyright (C)2017良い住まい選び マンション購入一からガイド.All rights reserved.