良い不動産会社に関して

資金の準備、情報収集。
マンション購入の前にやるべき仕事は山ほどありますが、その第一歩となるのが不動産会社を見つける事です。
これはいい物件を探し当てる絶対条件となります。
購入時は勿論の事、購入後もお世話になる事もあるので下手な所へは行けません。
良い不動産会社に規模は関係ありません。
まずはそこに勤める営業の対応です。
購入の際には少々難しい事が絡んでくる場合もありますが、それらを分かり易く説明し質問に対しても嫌な顔をせずきちんと答えてくれる所が良いでしょう。
これを曖昧にされたり、また横柄な態度を取られたりすれば後で大問題にもなりかねません。
しっかりと対応してくれるのかどうかが、重要になります。
ただし探す方もきちんとした態度で臨まなければいけません。
「こっちは客だ」と偉そうにしようものなら、その担当者も人間なのであまり良い気はしません。
本気で良い所を見つけたいのであれば、真摯な態度で臨む様にしましょう。
不動産側もその熱意にきちんと答えてくれる筈です。
しかしもっと簡単に、不動産会社を見分ける方法があります。
それは宅地建物取引業者番号を確認する事です。
ホームページのどこかに必ず「国土交通省(0)第000000号」を見る事があると思いますが、これが宅地見物取引業者番号になります。
特に注目しておきたいのが括弧内の数字です。
これはその会社の営業年数を表した物で、3年に1回の更新となります。
また括弧の前に書かれている事柄にも注目です。
もし国土交通省と書いていればそこは全国展開の会社になり、都道府県知事と明記されていればその地に根付いている会社であることが分かります。
例えば「神奈川県知事(8)第123456号」と記載があれば、その会社は神奈川で24年間に渡って営業しているという事になります。
ただしこれらの条件はあくまでも目安にしかありません。
参考程度として止めておいて、色んな不動産会社を見回って判断するようにして下さい。

お役立ち情報

Copyright (C)2017良い住まい選び マンション購入一からガイド.All rights reserved.