賃貸マンションについて

時として人生を左右しかねない程の買い物であるマンションですが、学生や新社会人にとってみれば簡単に手が出る物ではありません。
しかし事情によって親元を離れる場合は、住む所を確保しなければいけません。
そういう時には賃貸マンションがお勧めです。
何と言っても長期ローンを組む必要がなく、固定資産税等を払う必要もありません。
税金は固定資産台帳に記載されている人が対象となっており、もし新築や中古マンションを購入したのであれば払わなければいけませんが、賃貸の場合は対象外になるので納税の必要はありません。
ただし家賃は言うに及びませんが、敷金・礼金は必ず支払わなければいけません。
敷金は貸主に預けるお金の事で、部屋に何かあった時の為の修繕費に当てられます。
自然に出来た汚れやフローリングのワックスがけ等であれば貸主の負担になりますが、クギやネジ等を差し込む時に開けた大きな穴や、掃除をさぼったのが原因でついた汚れは負担しなければいけません。
しかし何事もなければ退去時に返金してくれるので、入居している間は綺麗に使っておきたいものです。
しかし賃貸マンションは誰でも借りられるという訳ではありません。
入居するには、不動産会社が行う審査に通らなければならないのです。
審査基準は物件にもよりますが、職についていないと難しいのが現状です。
中には酷いとしか言いようが無い理由で落とす所もありますが、何も鬼みたいな所ばかりではありません。
例え収入が無かったとしてもある程度融通を効かせてくれる場合もあれば、その人自身の人柄や保証人次第で審査が通る事もあるので諦めないで下さい。
また最近では「住み替え支援制度」が制定された事もあるので、是非利用してみるのも良いでしょう。
ただし「嘘」は絶対に駄目です。
隠し通せません。
どんなに不利な状況であったとしても正直にいきましょう。
賃貸という道を取るか購入という道を取るかは人それぞれですが、決して後悔のないように行きたいものです。

お役立ち情報

Copyright (C)2017良い住まい選び マンション購入一からガイド.All rights reserved.